<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

kurt rowzenwikel,villagevanguard上陸!

今年のNYは異常気象のようで、日によって寒暖の差が激しく
極寒な日もあれば、春のような暖かい日も多く「NYの冬はとにかく寒いよ」と
言い聞かされていたので今年はラッキー。ホッと胸をなでおろしています。
2月も終となれば確実に春の訪れを感じます。

さて今日はコンテンポラリーJAZZシーンの革命児kurt rowzenwinkel quartetの
ヴィレッジバンガード連続公演の初日を見届けてきました。

開演一時間前からちらほら人が並び始めやがて長い行列に、予約しておけばと後悔しつつ
ふと気づくと、店の前に止まったリムジンから現れたのは な、なんと
ERIC CLAPTONその人でした。

彼は順番待ちのどよめく群衆をかきわけさっそうと店内へ、

あのエリック氏もkurt rowzenwinkelのファンなのでしょうか、
少し奥のテーブル席でノリノリで聞き入っていました。

スターのオーラがあると言えばあり、普通のおっちゃんと言えば普通のおっちゃんでした。

エリッククラプトンは中学の時よく聞いたなー。
live in hydeparkのヴィデオ何回も見たなー。


満席の客席からまるで友達を迎えるようなフレンドリーな声援のなか
kurt先生登場。
小型マイクを装着しギターのフレーズと声を連動させたり、
まるでギターをかきむしるように弾いたり、まさに楽器の限界を超えようとしている。

こっちのミュージシャンのライブはほとんどがオリジナル中心。途中、
どうしてもスタンダード弾いてって気持ちになるんやけど

この人の場合とにかくオリジナルでもスタンダードでもどっちでもいいからkurtの音をずっと聞いていたいってゆう気持ちになるねんなー。

今日は初日なんで少し派手さにかける感じやったけどまた明後日くらい進化した
kurtを見届けてこよう。
[PR]

by kinoyan-r | 2012-02-29 15:18  

lately

紀伊国屋で太宰治の本を買いました。

太宰治の大ファンで恐らく公式の彼の作品は全部読み尽くしたのではないだろうか?
ヤフーオークションで太宰治全集買って持っていたのですが
届いたのは思ったより大きなものでこちらにはもって来れなかったんです。

また彼の文章に触れたくなり買い直した、「津軽通信」
なんとまだ読んだことのない作品とかがあって、小躍りしたい気分でした。

僕にとって太宰治の本はバイブルみたいなもんだなー
(実際彼は聖書をさかんに研究していたようだし。)

「恥の多い人生をおくってきました」とか
「自分はなにをやってもてんでダメ人間で、、、云々」

とか自分のダメさを正直に文章にして作品として世間に公表する奴なんていないやろ?
フツーは自分のサクセスストーリー語るもんやで、
あの当時気取った文学者の気取った文学小説に対する皮肉みたいなのもあったんやろか。


太宰サイコー!
太宰ファンの方、今度是非、気楽なおでん屋で、焼酎や日本酒を飲みながら
大いに太宰文学について語り合いましょう!


というのも
NYにいてるとどうしても、自分を大きく大きく見せようと頑張ってしまうので
ヘトヘトに疲れてしまうんです。
普通の自分でいることが難しい。

そんな心境なのはこちらで会う日本人も、どうやら同じようで、、
等身大の自分でいられる人に会うとスゲーなーって

あと最近アンプを買いました。
充電式のストリート出来るやつで、日本でも使ってたやつです。

早くもこちらでストリートしようとしている自分がいます。

変わらねーなー

思えば、16歳のときから地元で駅前で夏田だろうが、冬だろうが
ひたすらストリートしてたなぁ。
シャレオツなお店でソフィスケイテッドされたピーポーたちの前でおジャズを演奏するのは無縁なのかしら。

以下、太宰風。

「悪あがきはよせ!勝負はもうついているじゃないか!
頭をたれ、はいと頷きつつ、もしや、、、、という。まだ自分を諦めきれない。。」

三田→神戸→大阪→NY

と過去約十年間の記憶が走馬灯のように頭を駆け巡り、

これはまずいなー
自分の骨はここにうめるのかなーなんて考えたり(笑)
それかまたどっか行くのかなーとか



いやいや、やっぱり天六商店街が世界一。
[PR]

by kinoyan-r | 2012-02-23 04:24  

I LOVE KY

ニューヨークたぁのすぅい~

週末は学校ないので心おきなくsessionに出かけます。

もーれつにKYの人が多いので楽しくて楽しくて

レストランだろうがなんだろうがカンケーなし!

でもさすがにサックス5人、ギター三人とかなってくると
順番待ちのドラマーとかからブーイングが出はじめる。

そこでホストのドラマー、我らがブランドンルイス登場。
「ソロは一曲一人ワンコーラスで、長くなりすぎないように!」とアナウンス。

そして
超ハイテンポでチャーリーパーカーのgroovin highが始まる。
そして
短くさくっと終わらす。

その演奏は超スイングしていてめっちゃくちゃカッコよかった。

まるでブランドンルイスが
「こうやるんだぜっ」てみんなに教えてるみたいな演奏で超クール。

そこで一気に空気がしまる。

ニューヨークは無法地帯と思ってましたが違うんですね
スミマセンデシタ。と反省。

その直後、その状況を知らずに鬼KYのsax奏者登場。
ソロ何コーラスも吹きまくり!

「出る杭は撃たれるが、出過ぎた杭は撃たれない。」

このことですね

愛すべきKYなピーポーたち

とにかく
ニューヨーク最高!!!
[PR]

by kinoyan-r | 2012-02-21 09:00  

new york生活

もうすぐ1月も終わり。


最初は、queensの地域がメキシコ系が多くて超ぶあいそだったり、
Manhattaから思った以上にとおかったり、
家帰るのに極寒の日に二時間かかったり、急いでるのに地下鉄が逆走したり、
ホームステイ先のバスルームが汚すぎたり、冷蔵庫に腐った物がお皿に乗ったまま放置されてたり
ホストママが安い中国料理売りつけてきたり、
インターネットが自分の家で全然使い物にならないとか、

学校の授業に全然ついていけんくて泣きそうになったり、
先生がだんだん無慈悲になってきたり、
留学生活甘く見ていてストレスになることが多かったのですが大分慣れてきました。

音楽に関してはもう、とりあえずアクティブになるしかない。セッション行っても全然
順番回ってこんかったりするから、2、3件はしごは覚悟。足の裏が痛いです。
ホストの黒人の顔が怖すぎてビビったりしますが、逃げるには簡単なので
死を覚悟して飛び込まないと。。
自分の弱さにびっくりします。逆にあるきっかけで強くなれたり。

まー、とにかく

がっかりするぐらいのセッションもありますが、逆にものすごい怪物に出会えたり、、、
こうゆうスリルを味わいたくてこっち来たかったんだなーって。
去年の三月ニューヨーク一ヶ月だけ行って帰ってきて、絶対長期滞在するぞって心に決めて。

でも日本帰ってきてからの日々がだんだんつらくなってきても、いっそ知らない方が幸せだったかも
と思い始めて、、、日々の生活に追われてその決意が揺らいだりとかして、
とにかくブレまくってキツい時期とかもあったんスけど。。。


今はとにかく

去年の三月の自分と握手してます。
[PR]

by kinoyan-r | 2012-02-01 03:44