<   2011年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 

大阪に帰ってきました★

当初の計画通り、そつが無く帰国しました。

まず実家に寄り帰国報告。

当たり前ですが、変わらない日常がそこにありました。

ふらりと散歩へ

私の育ったところは住宅街ですが
一歩離れると田園風景が広がります。

小さな野花が沢山咲いていました。

今、日本では大変なことが起きていますが
それと全く無関係に、何事もなかったかのように、いつも通り春が訪れようとしています。



c0121572_0574325.jpg


昔よく遊んだ裏山は、まったく変わりありませんでした。

ため池を除くと、小学校のころと変わらず、おたまじゃくしがいて
なんか安心しました。

思えば私はこの家の裏山の自然に育てられたものだと気付きました。


知らず知らずの間に野花から元気を貰ったり

森の奥にある、ため池には沢山の小動物がいて
好奇心旺盛なぼくの良い遊び相手になってくれました。

生き物に対して自然にあふれる愛情から、やさしさを教えられ

生き物が死ぬことで、命が限りあることや、悲しさを教えられたり

今の僕は自然に育てて貰いました。

人間が誕生する以前からずっと繰り返されてきた
誕生と滅びのサイクル。

人間が滅びようが、生き延びようが

自然を破壊しようが、生かそうが

自然は関係なくそのサイクルを繰り返すはず。


放射能で汚れて、人間が住めなくなって、人間が滅びても
何百年、何億年かけて元通りの自然にもどっていくのではないか

自然は怒ることもなく、悲しむこともなく、喜ぶこともなく

永遠にそのサイクルを続けるだけ

なんか安心した。
[PR]

by kinoyan-r | 2011-03-28 01:18  

あと一日になりました(涙)

おとついはsmallsでari hoening trio
やはりgiladはリーダーtrioで聞きたかった。

smallsのsessionは凄まじかった。

昨日はcharlie haden quartetをbardlandに聞きに行くが
なぜかbassはscot colly、、、
どないなってんねん。homepage見たらいつの間にか差し替えられてる。

scot colly超好きやけどほかのmenberがあかんかった。

今日はstonesでエリオットシャープ。
店行くまでに相当迷ってしかも雪降ってるし、心が折れそうになったが
なんとか後半30分?ぐらい聞けた。
jazz以外の音楽ホンマ聞けて良かった。

夜はクレオ、fat catのsessionへ
fat catはsession納め。
楽しかったな~。帰らんと行ってホンマに良かった。
次来るのいつになるんやろ、多分日本帰ったらあの無法地帯が恋しくなるのは確実。

あしたは55barにてウェインクランツ。そしてクレオ。
[PR]

by kinoyan-r | 2011-03-24 17:40  

泣いても笑ってもあと4日★

昨日はbirdlandにてパットマルティーノ先生のquartet♪

peace良かったなー

今日はblue noteでケニーワーナーgroup

Kenny Werner, piano Randy Brecker, trumpet David Sanchez, saxophones
Scott Colley, bass Antonio Sanchez, drums

同席したfrom東京のおっちゃんにおごって貰いました。
有難うございます!

いつもlive一人でいってるけど、今日は音楽友達と一緒。
楽しさを共有できるってよいなー。

帰りに寄ったマックのトイレが汚すぎて、せっかくの良い気分が台無し。

fat catにてbrandon lewisの演奏とsession

ホンマみんな上手すぎー

世界は広いな~
[PR]

by kinoyan-r | 2011-03-21 18:18  

一週間きりましたね★

55barにて

Janek Gwizdala septet

Dave Kikoski(Keys), Brad Mason(Trumpet), Elliot Mason(Trombone), Justin Vasquez(Saxophone), Adam Rogers(Guitar), Janek Gwizdala(Bass), Clarence Penn(Drums)

すんごかった~
てかどんだけ豪華なメンツやねん。

adam氏とおしゃべり出来て良かった。日本語少し覚えがあるようです。私がNYいてるまではgigないそうです。
ヴィレヴァンでのadam quartet 聞きたかった。

クレオへ

知らない曲ばっかり、i remember youはよ覚えな。lazy bird、、、しらね~

chely1で少し救われたかな。

しかしみんな本当にうまい。つーかswingしてる。しかも曲どんなけ知ってるねん。
あーチキショー

凹んだーーーー
[PR]

by kinoyan-r | 2011-03-18 16:36  

あと9日です★

昼間はセントラルパーク

なぜか子供も犬も日本にいる時より可愛く感じるねんけど、それはなぜっ!?
公園にリスがいてるののもオドロキ~!

そしてメトロポリタンミュージアムへ

小さい時NHKのみんなの歌で「メトロポリタンミュージアム」っ歌あったんやけど
自然にあれが流れてきた

ニューヨークは芸術家にとってはホンマ天国やな、
世界中のありとあらゆる絵画、建築物、その他もろもろ展示してあって

しかも無料で見放題!

美術館内では写真とろうがスケッチしようが自由!
日本じゃたしか写真とかとったらアカンかったんちゃうかな
素晴らしい芸術作品をケースに入れてただ眺めるんじゃなくてみんなで
身近なものとして共有しようってゆう空気が流れてる。


皆それぞれの方法で楽しんでいます。

夜はまず
corneria street cafeにて

jo lawry group
james shipp ,matt clohesy ,jordan perlson
そして自己のtrioを率いてのjapan tourも記憶に新しい
gilad hekselman!!

もともとnyで一番見たい人がこの人やって、入れ替わりで日本くるから見れへんのか~
残念って思ってたんやけど
こっちきてからHPみたらどんどんNYでのgigが追加されてる
21日はアリホニングgroupで、22日はtrioで、
嬉しい限りやね。

giladの歌のバックってどんなんかなーって興味津津やってんけど
これはすごいはー
ギターって感じせえへん。
新しい楽器を操ってるみたい。しかし弾いてるのは間違いなくギター。
多分この人ギター以外にも色々楽器操れるんやろな~

つーか、こっちの人らって色々できる人がほんま多い。

めっちゃ上手いdrumerやなー思てたら、何気なくpiano弾きだしてめっちゃ上手かったり、
あんまし上手くないdrumerやな思てたら実はベ―シストやったり、

はぁ、ため息。

giladさんはギターからギターではない何かが確実に聞きとれるのでした。

機材は以外にもlageさんの使ってるのと似たやつが多かった。
アー二ーボールのvolum pedal boseのdely とか、
ギターはCDに映ってるやつとは違うなーYBってロゴがはいってる茶色い2hamのギター。
来日公演もこれやったんかな?

さてさて
そんなgilad氏。1stの休憩中、日本の感想を聞いてみました。

私:hi! gilad! はじめまして!ryosuke kinoshitaだよ!
日本から来たんだ、ツアーお疲れ様!大きな地震があったね、元気そうで安心したよ。

gilad:hi! ryosuke!nice to meet you!
そうなんだ地震のときは水戸にいたんだ。大きく揺れてすごく恐かったよ。

私:日本は楽しめた?京都にも行ったんだよね?

gilad:すごく楽しかったよ、京都は美しい町だね。
あとツアーの最後にいった都市がすごく印象に残っているよ。えーと名前は思い出せないや、
機会があれば、また日本へ行ってみたいよ!

私:有難う!日本に是非また来てね!大阪にも来てくれると嬉しいな!
smallsでのgig楽しみにしているよ!

とまあこんな感じで、ほかにも色々ゆってはったんやけどなんせ、早口なんで
聞き取れませんでした。
彼の印象はlageやbenさんに比べると多少coolな感じでした。

私のめちゃくちゃな英会話に付き合ってくれてthank you!

さて
二件目はle poisson roungeへ
この前フランスのお兄ちゃんに教えてもろたbrad shepik見に行く。
入口でなんかpassport見せろとかID見せろとか色々ゆってきて、
最終的に手の甲でマジックで×書かれて中入れた。なんなんコレ?

まぁ、なんでかしらんダータで見れたからええことにしとこう。
skull sverrissonって人のオーケストラ。広いクラブみたいなとこで不思議な音楽。
興味深いね~。最後の二曲しか聞けへんかったけど、CDこうたから後でゆっくり聞こう。

brad氏はグレッチのギターそれにどうもelectric udoを弾いてました。
彼のgroupの音楽も聞いてみたいね~

はい、今日はここまでなんかめっさ眠いんで今日はsession行かずに家かえりま~
[PR]

by kinoyan-r | 2011-03-16 14:16  

早いもんだに

あと10日ですけぇ

シェアメイトの日本人がヒステリックになってる
韓国人の台所の使い方が汚いとか、風呂の使い方が汚いとか

習慣の違いは確かに凄まじい。
日本と180度違うといっも過言ではないのでは、、

全員が好き放題。例えば電車ン中で唄う。バナナたべる。
唾はく。

マックの定員やる気なし、砂糖とミルク頂戴ゆうたら
めっちゃ濡れたまんまの手で渡してくるし、
smileなんかありえへん。

hot coffeeが通うじんくて定員と言い合いなるし

黒人駅でやたら話しかけてくるし
朝からクラクション大会やし

繊細な人は大変みたい~


ここぞとばかりに文化の違いに甘えまくって好き放題やらしてもらてますねん。
B型の本性出しまくり♪
えへへ

日本じゃ、こうはいかないよね~♪
気遣いの文化やからな~♪
まぁ、気遣いを強要されるといっても過言ではないと思いやす!

こっちはホンマ逆やからな~
自分ガンガン出したもん勝ちの世界♪
遠慮とかありえへん

どちらのほうが人間らしいと思いますか?
私は後者だと思うんです、ハイ

だってその分ストレスみんなたまってるやろ~?
日本は進むべき道誤ってると思うな~

私、日本の文化は愛していますが
日本の習慣には馴染めません!!!


ここらへんにしといて

今日はsmallsに
ピーターバーンスタインのsolo

気合いと音圧で押し切るピーター氏にあっぱれ!

55barに
クリスポッター、マークターナー見に行くけど
店の前に15mぐらいの行列!!

日本じゃ考えられねーよ
つーか、このメンバーやったらもっと広いとこでやれよ。

しばらくならんでたけど1stはsoldout!

2ndのチケットかってもあと二時間ぐらい並んどかなあかん
無理!!あきらめやす!!

ギターとりにいって
クレオのセッションへゆるい空気に甘えて、知らん曲でもお構いなしに参戦するという暴挙に、、
ベースのルートに全神経集中させるという普段あまりしない体験でした

途中でルンペン風の黒人が乱入してきて白人のドラムの叩き方が違うとかで暴れだしてたけど
さすがにつまみだされてたな。

時間は1時、高木氏に誘われ
毎週月曜に開催される噂のセントニックスのsessionに行くけどしまっとる、、、、

チキショー!!!
今日はついてねえや

明日は気晴らしに美術館でも冷やかしにいくかなー
[PR]

by kinoyan-r | 2011-03-15 16:26  

今日入れてあと11日ですね。

まず、ヴィレバンにて

PAUL MOTIAN TRIO 2000 + 2
Loren Stillman-sax, Masabumi Kikuchi-p,
Thomas Morgan-b, Ben Street-b

となりのにーちゃんきさくに話しかけてくる
フランス人でギターの学校いってんねんて

kurtとかすきやねんて、先月ヴィレバンで見てんて、

兄ちゃん:  lageしってるか?  て聞かれたから

私:   もちろん!lesson受けたでって自慢したった

兄ちゃん:  lageいいセンセーかっ?て聞いてくるから

私: いいセンセーやでって言ったった


兄ちゃん: brad shepik知ってるか?俺のセンセーやねん、上手いけど全然ええセンセーちゃうねん

私:そうなんや~


ライブ始まる

motianの目の前の席やからチョーたのしいは、

ドラムの音色だけでチョー楽しめる。

しかもバンドメンバーに色々指示してるのとか聞けてめっちゃオモロイ

motian ガンコじいさん

kikuchiさん 天然じいさん←このバンドのsoundの軸、かな?

Loren さん motianの娘むこって感じ motianには頭が上がらない。

ben さん  motianの長男で面倒見がよく、常に気配りを忘れない

thomasさん いつもニコニコやさしい笑顔、まるでmotianの初孫で目に入れても痛くないって感じ。motianも彼にはチョーやさしい


しかもmotianがバンドメンバーに色々指示してるのとか聞けてめっちゃオモロイ


motian: あの曲やるぞ!

菊池さん: 譜面ないは

ben: 譜面渡したり!←thomasに言う。


lorenさん motianに今入ったらあかんとか怒られてた、ちょっと凹み気味やった
けっこう怒られてて半泣きになってた

setの最後らへん、motianが曲やろうとして

ben: ボスもうそろそろ時間ですぜ?

motian: 時計みて(イライラしながら) あと一曲やるで

テーマやって、lorenがsoloしようとしたとこで

終わり!

あの曲もテーマだけ!

でテーマだけ演奏してmcして終わり。 thankyou very much
バリカッコエー!

motian骨と皮と音楽だけって感じやったなー

あー良かった~

さっき話しかけてきたフランス人のにーちゃんと21日のgiladのgigで会おうって約束して別れた。


55barのben monderも覗いてきた。

benさんフツ-のおっちゃんでした

最後にbluesやってたけど弾いてることが全く別の次元でした

benさんライブ中とライブ終わった後のテンションが一緒でした。
めっちゃフツ-

自己紹介して話しかける。

以外と人懐っこい、おっちゃん

私: 次どこでgigやるん?

benさん: あー覚えてへんは~ 

ここで白人のおねーちゃんがbenに話しかけきてbenその人とおしゃべりするのに夢中になる。

私:あきらめて席帰って帰る準備。smallsでsessionやってるかなー

ben :近寄ってきて、さっきはゴメン。ほんま覚えてへんねん。home pageあるからそれでcheckしてみて

私: あ、そう。ところでlessonしてほしいねんけど

ben : あー、、いいよ。←ちょっとめんどくさそう

私: 24日まで日本おるねんけどイケる日ある?

ben: あー、アカンは、28日やったらイケるけど。

私: 28日はもう日本帰ってるは、、、、

ben : また来た時、やったげるは

私 :了解!ありがとう!楽しかったは!またgigいくは!

さてfat cat いくまで時間あるしアパート帰ってゆっくりしよ

気づいたら1;30しまったーーー

fat cat ついたら いたいた

blandon lwis(dr) lawrence a clark(ts) renii cruez(ba)
いよっ 生きた化石!swingマスター!

ホスト演奏終わって、いまからsessionみたい。

しまった、やってもた、聞き逃した。クソ-

ここからsession

黒人のドレッドdrum 白人のガキ大将bass

いいgrooveじゃねぇか 

白人のギターのおっちゃんに替って貰う。

うーん。
こいつらgrooveしとお、
シンバルしばくときのスピード感が、、、

あーsoloがんばるけど
途中で力んでもた、あーもうアカン。振り落とされた


お、ブランドンルイスがドラムに近寄っきた。
叩くねんな。 よっしゃ、

ギターのおっちゃんに代わってて、いう。
おっちゃん:お前 lush life知ってるか?

私:覚えてへんはー

おっちゃん:今からやるから終わったら替ったる。

その後blues

よっしゃ ブランドンとヤれる!

うーん。ずれてはいないねんけど、あってるわけでもない。
分からんは、ミスターswing 

最後にめっちゃ早い曲はじまる。

黒人の踊りとtenorの兄ちゃんに聞く。

私:これなんの曲?

兄ちゃん:知らないの~ん?

お前なんで日本語しってんねん!
馬鹿にしやがって!!!

私:いいから教えて!

兄ちゃん:「BE BOP!」

黒人のめっちゃスイングするtenorいたから
名前聞いとこ

tivbonさんやって

どこでgigしてるん?

覚えてへんはー、face book見といて

こっちの人らホンマてきとーやな

それに比べるとlage相当まともやねんな~


よっし毎週日曜のよるやな、日付的には月曜。
次こそ見逃さへんで!
[PR]

by kinoyan-r | 2011-03-15 00:48  

マタイみたい。

汝ら、見られん為に己が儀を人前にておこなわぬように心せよ
[PR]

by kinoyan-r | 2011-03-14 13:59  

あと12日

クレオへ

ギターのおっちゃんがまず目に入る。

アンプで歪まして、ディレイ。
アクティブなバッキング、
不思議なタイム感。

しまいにはピアニストステージから引きずり下ろす。

こういうギタリストの姿を見たかった。

さてtake the a trainから

自分なりに確かな手応え感じる。
八分の弾き方これでいいねんな。


が、drumerはso what?

て感じ

だって録音聞いたら、ゆったりしてないもん、まだ前やな

drumerの目がいい。
キラキラ~じゃなくて

ピカッ

記者会見の菅総理の目
光が全くなくて、伏し目がちでオロオロしてた


ボーカル飛び入り

sky lark知ってるか? 知らない。

work songは?  知らない。

my one and only loveは?  sure!

intro please

かっこいいイントロしようと考えてしまった、
newyorkバージョンで!

もたもたしてると

drumerがカウントで始まる。

ボーカル音とれへん。
drumerが唄って教えたゲル。

またguitarist来た。

見た目フツ-で弱そうな人。

playはめっちゃアグレッシヴ

最後らへん。

ラスト一曲のcall

やけどまだまだ3曲ぐらい続く。

店員、はよ終われのオーラ出しまくり。

さっきのguitarist、あと一曲 guitar trioでやらしてくれ

でjust friends

yeah!

すげー!よあんた!

見た目フツ-やけど

演奏後少しお喋り

先週の木曜smallsでkurtがgigしてたの知ってる?

え? まじで?

俺その日smalls行ってたし!
多分ホンちゃんのset終わった後のseacret gigやな

ジョーフラムとquartetやって

mr kellysじゃなくて homegroundで思う存分暴れてるkurtを見たかった

ben monderしってるか?

sure!

よくブルックリンでgigしてんねんけどmallで教えたるは

初対面の俺になんでこんな親切なん?

あ、pickかしたったからかな?

帰りめっちゃbeer飲みたなった

どんだけハンデあるねん

日本のjazzはnyで食べるsushiか?
[PR]

by kinoyan-r | 2011-03-13 18:38  

脚痛い、、、

高木くんと待ち合わせ

電車の中で駅名分からんくてキョロキョロしてたら黒人のおばちゃん
教えてくれる。are you ok?
30分ぐらい遅れたけど待っててくれた。

彼と喋りまくって少し落ち着いた。

すごい演奏、ものすごい演奏、熱い演奏。楽しそうな演奏。愛を感じる演奏。
信じられへん演奏。
それは人間的な演奏。

土曜のfat catで見た。オオサンショウウオみたいなtenorは
非人間的な演奏。

今のとこbest
明日会えるかも。


高木くんは本当のやり方でjazz学ぼうとしてる。
無知ゆえに出来ること。
中途半端に頭いいとそれが出来なくなる。傷つくの怖いから。
保険かけた上で、命ずなしっかりしたうえでやってるんよね、

問題集解けた気になって浮かれてるのはみっともない。

本当に正しい答えか確かめるには勇気が必要
簡単なことやけどね



ビィレッジヴァンガード予約。明日は最前列で見れるかも、遅くとも20時30分にはいかんと

地下鉄にて黒人のおっちゃん電車の騒音の中ですごい演奏。
koraっていう楽器らしい、シタールみたいな弦楽器。

もうちょっときいてけばよかった。
こんなとこにスゴイ演奏者いてるわけないと思いがちなんよね。
スゴイ演奏者は大きなhallでしか見れない。わけじゃない。

ゴミまみれの中の、騒音の中の地下鉄でも、2ドルのチップでも

とんでもない奴がいてたりする。

ロックフェラーへ
色んな人に聞くがとうとうmike morenoどこでgigやってるか不明。

黒人の男の子、スケボーで階段の手すり滑ろうとしてる。
何回もチャレンジ。人がたくさん通るのに
下手したら大けがするで?

目つきが鋭い。

誰がみてようと、どんな場所だろうが関係ない。
自分のやりたいことを貫き通す。

もっとjazzでchallengeせな、
失敗しても大けがするでもないし、命落とすわけでもない。
簡単なこと しょせんおままごと

木になれ

真の生き方をしなければ真の音は出せない。

もうやめて コレ↓
[PR]

by kinoyan-r | 2011-03-13 14:25