<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

週末~ライブ~ブライダル~村治佳織さん~

金曜日はコモンカフェにて田中裕子quartetのライブ、

土曜日は南港にてサックスの杉本氏とともにブライダル演奏。

彼といると妙にハイテンションになり子供のようにはしゃいでしまう私なのです。


そして休憩中に立ち寄ったWTCでカラオケ大会が開催されていました。

c0121572_215770.jpg




出演者の方々それぞれ個性豊かです。

めっちゃかっこつけて歌ってるのに、マイクのスイッチが入ってないお兄さん

見かけによらず演歌が妙にウマいサラリーマン。

はにかみながら美空ひばりを歌うおばあちゃん。

マイクを持つ手が艶めかしいお金持ってそうなマダム。

みなさん素敵な歌声なのでした。


なにか大切なものを思い出させてくれました。


このカラオケ大会を地域の方は楽しみにされているそうですが今回で最終回とのことです。

見れてよかった~


そして日曜日は大倉山の神戸文化ホールに村治佳織さんのコンサートに行ってきました!!



c0121572_21271545.jpg



かなり楽しみにしていました。
恐らく十代のころに一度見に行っているので二回目です。

最新のアルバムからの曲がほとんどでした。
CD聞きながらギター一本とは思えない演奏やなと思っていたんですが
生で見たらほんとにギター一本で演奏されていました。(当然と言えば当然ですが)
私の中で村治さんの魅力は、音楽的にほんとに素晴らしいテクニック。
ギター一本から弾きだされる様々なトーン(音色)。


生でたっぷりと味わいました。

残念ながら席がステージから離れていて、しかも斜め前で微妙な位置だったんですが
それでも伝わってきました。


微妙にミスとかあるんですけど、それがまた生っぽくてイイんです。



驚いたのが音響です。

どうもマイクを通さない生音だったように思うのですが
ギターの前にマイクらしき棒状のものが立っているのです
あれはマイクなんでしょうか?


村治さんの後方に黒いボックスが立っているのですが、あれはモニターなんでしょうか?


モニターからおとながれてたんですかね?
だとしたら限りなく生音に近い音でした、、、


でも本当に素晴らしい演奏者の演奏。そしてその演奏者の信頼する楽器。
この条件が揃えば生音に勝る音響なんてないんでしょうね~


そしてこの日が日本国内のツアーの最終日になるそうで、
しばらくはリサイタルは休み、最新アルバムの制作にとりかかるそうです。
ということでアンコールもたっぷり3曲も演奏して貰えました!

満足です。


そして演奏後サイン会の列に並んでいました。

CD買えばサインが貰えるというお決まりのアレです。まんまと釣られた自分がいます。

質問することを密かに決めていたのですが、サイン会は流れ作業で、その流れに逆らって
質問とかする勇気は自分にはありませんでした。

真近で見た村治さんの笑顔は眩しいくらいに素敵でした。

それだけで満足なのです。


が、しばらく未練たらしくサイン会の周辺をうろついていると

サイン貰った小汚いおっさんが村治さんにガンガン話しかけており、村治さんも快く対応しておられ
すごくおっさんがうらやましかったです。(痛々しい感じではなく、すごく微笑ましい雰囲気だったのです。)


自分もあそこまでおっさんになれば一皮むけて、周りをはばからず、ある意味ずうずうしく振る舞える
のかなと、考えさせられました。

やはり、つまらない気取りは捨てるべきなのですね。しかし、

それはある意味、おやじにしかたどり着けない境地のようにも思えます。が、

私はあのおっさんの境地にたどり着きたいと密かに願います。
[PR]

by kinoyan-r | 2010-03-21 21:03  

小豆島ドキュメンタリー4~高松でのひととき、そしてエピローグ~

高松港につきました。

帰りの神戸行きのフェリーまでだいぶ時間があるので

香川といえば、うどん。

香川に来た時よく行く駅前のうどん屋さんに向かいます。
c0121572_1234950.jpg



食べてる途中で、スミマセン。
c0121572_124169.jpg


ぶっかけ肉うどんです。
これがうまいんです!


帰りのフェリーにて

c0121572_1272386.jpg

漆黒の闇
普段、見渡す限りに暗闇というのは出会うことがないと思います。
夜間のフェリーから見渡す海は遥か彼方に漁船の明かりとか遠くの島の光とかが見えますが、それ以外は基本的に真っ暗です。これが何ともいえず不思議な感じなのです。


恐ろしいような、しかしわくわくするような。船から海を見渡し、もしここから身を投げたら?

パニックを起こして溺れ死ぬだろうか?それとも泳いで岸にたどり着けるだろうか?
岸に着く前に潮に流されて凍死?あるいはサメなんかに襲われたりして、、、


空想は尽きません。

漆黒の闇はなんともうっとりした不思議な魅力を持っています。
死への恐怖と好奇心が駆り立てられるのでしょうか?
c0121572_1273365.jpg


真っ暗ですが、これは島を映しているのです。


右手に淡路島が見えてきたらもうすぐ神戸に到着です。

残された時間をフェリーの中で静かに過ごすのでした。
[PR]

by kinoyan-r | 2010-03-17 01:24  

小豆島ドキュメンタリー3~早くも完結!?~

楽しい時間は早く過ぎ去ります。

島一周して土庄港に帰ってくるともう四時半。

あと一か所言ってみたいところがあり島の観光案内のおばさんに相談してみますが

帰りのフェリーの時間帯とか考えると無理でした。残念~

ほんとに親切に色々教えてくれます、、!

土庄港発フェリーオリーブラインに乗って高松港に向かいます。



c0121572_114224.jpg


さらば小豆島!!また来ます!!
c0121572_1142521.jpg

フェリーの上から写真とりまくってました。恐らく怪しい人だったでしょう。
c0121572_1143612.jpg


空の色が都会と違うんです。
c0121572_1145989.jpg
c0121572_1151248.jpg

[PR]

by kinoyan-r | 2010-03-17 01:15  

小豆島ドキュメンタリーその2~君はマルキン醤油試したことがあるかい?~

小豆島への熱い思いを隠しきれず、三回目そして一年三ヶ月ぶりの旅行に踏み切ったわけですが

あまりに島で過ごした日々が充実しすぎて日常生活への復帰が困難になってきており

一度、島でのわずかな時間をドキュメンタリーとして書き綴り、整理しておきたいと思います。
(おおげさ過ぎてスミマセン)

そもそも、小豆島との出会いは高校時代の同級生が香川県の大学に進学したことをきっかけに
一年に一度くらいに香川県に遊びに行くというのが私の楽しみになっていったことから始まりました。

彼は遠方から遊びに来た私を快く迎えてくれ、県内の様々なところへ連れて行ってくれました。

そして彼が留年に留年を重ねたおかげで香川県に訪問する機会は多くなり、次第に県内では飽き足らず
自然に私の足は小豆島へ向いていったのです。

一度目の訪問では寒霞渓に出会いました。
そこにはなにか神秘的な自然の美しさが感じられました。

秋~冬にかけて紅葉が美しいと聞き
その年の12月再び寒霞渓に向かいました。

寒すぎました。

山の上なので風も強いし、紅葉を見るどころではありませんし
夏の寒霞渓に感じた、神秘的なものは一切感じられず震えながら下山を急ぎました。


その後、同級生が大学を卒業したこともあり小豆島とはしばらく離れていましたが
やはり、再びあの自然を味わってみたいという気持ちが強くなり三度目の訪問に踏み切ったわけなのです。

~続き

c0121572_015176.jpg


バスの運転手のお姉さんからフリーパスチケットをゲットし明日は島一周を心に誓いました。

ところでそのバスのお姉さんですがバスを運転している横顔は素敵だったのですが
バスから降りてちらりと盗み見た顔は、、、、、言えません。
そんなことはどうでもいいんです。。

人間は中身が重要なんです。


c0121572_0251878.jpg



その日一泊したペンション。近くのサンオリーブ温泉。素晴らし過ぎました。露天風呂から小豆島の海や山を見渡せるなんて、、、
c0121572_0253424.jpg

考えた人、頭良すぎです
c0121572_0304580.jpg


c0121572_0323062.jpg


早起きしてペンションを後にします。

鳥たちの鳴き声が響き渡ります。
都会では車の音とかがうるさくてほとんど鳥の鳴き声とかは気づきません。


バスに乗り偶然降りた苗羽(のうま)で出会った酒蔵、森国酒造
c0121572_0344352.jpg


c0121572_0391453.jpg


地酒の試飲。

当然ですがそれぞれ味が違います。使用するお米とかが影響してくるみたいです。
好みに合ったやつをお土産に購入。お昼もここでいただく。

そしてマルキン醤油。


c0121572_041332.jpg


小豆島では1620年ごろから醤油造りが始まったとか、なんとそれには徳川幕府の大阪城建設が
大いに関わっているとか、思わぬところでつながっているんですね。


醤油ソフトクリーム。

c0121572_0414359.jpg


うまい!あましょっぱい!味が濃厚なんです、味が。

c0121572_0415330.jpg


マルキン醤油と某有名醤油メーカーのそれと味比べをしてみたところ
やはりマルキン醤油のほうが味が濃厚なんです。おなじ濃いくち醤油なのに、、
好みもあると思いますが、醤油の存在感があるので私の主食、卵かけご飯にはもってこいなのです。


次のバスまで一時間ぐらいあるのでいけるとこまで歩きます。

c0121572_105488.jpg


草壁港で昼寝してたら島の青年が私の周りをウロウロしているのに気が付き、

思い切って「こんにちは!」と声をかけると逃げて行きました。


バス乗り継いで島を一周します。気をつけないとボタン押してるのに運転手さん、平気で通り過ぎます。

南風台、福田港、屋形崎。次回はじっくり歩いてみたいな~

島の南側とは雰囲気ちがいます。よりネイティヴな感じです。
[PR]

by kinoyan-r | 2010-03-16 23:52  

カート先生そして小豆島

先週末はカートローゼンウィンケルさんのライブに行ってきました!

これでもか、これでもか、と
ぐいぐい攻める演奏。

本場ニューヨークの雰囲気でした(今はヨーロッパ在住みたいですが)

最後に記念撮影♪ はい、チーズ!

パシャッ

c0121572_21504682.jpg




カート先生は驚くほど気さくなお人で、ライブ後は客席に出没して
駆けつけたギターキッズ?達の質問やサイン攻めに快く答えていました。



そして週末は一年と三ヶ月ぶりの我が心のふるさと小豆島へ!

まずは、、、

c0121572_2159963.jpg


小豆島の最南端、地蔵崎灯台!


c0121572_21592126.jpg


地蔵崎灯台へは最寄りのバス停、神の浦から徒歩40分!
普通は車でいくとこらしいので
バスの運転手のお姉さんに「ほんとにここでいいの?イノシシでるし気をつけてね~」心配されてしまいました、、
いいんです!!なんとかなります!!

たしかにここにたどり着くまでは雨降り出すし、峠道で坂道とかきつかったです、、、しかし


c0121572_21593657.jpg


到着したとたん晴れてきました!!


素晴らしい景色でした、、、

自称 私は景色フェチです。ハイ、山とか海とかめっちゃ好きです。
美しい景色を求めてどこまでも歩いていきます。
そんな私は小豆島の自然に魅せられてしまいました、、、

c0121572_2224458.jpg


見渡す限りの海と空に、、、 たまんねぇ~ ウフフ


運転手さんに言われた通り、地蔵崎灯台を超えてひたすらまっすぐ、ふもとに降りてくると
バス停、市神子があるとのこと、

c0121572_231595.jpg



まだバスがくるまで時間があるので



c0121572_2332947.jpg


パシャり

c0121572_2311780.jpg


絶好の日の出スポットだそうです
c0121572_2313280.jpg


癒されるね~

そしてやってきたバスにはさっきの運転手さん、、!

ちゃんと帰ってこれるかどうか心配してくださっていたよう、、
神ノ浦まで行く三都線はほとんとが地元の人しか利用しないそうで
観光客は珍しいそう。
ここぞとばかりにお勧めスポットや色々な情報をゲットする。
バスに乗って島を一周するのもなかなか楽しいそうで、二日間のフリーパス乗車券をゲットする!

島の人はほんまに親切です。こっちが恐縮するくらいに、特に女性。
男性は基本的に無愛想です。正直ものです。
[PR]

by kinoyan-r | 2010-03-16 21:53  

3月の予定~


年始からマイペースな感じですが、、

春の気配とともにうずうずしだしてます★

ボリュームペダル買いなおすか迷っています。

そして3月のライブはこんな感じになりました

おなじみの顔触れって感じですが

それぞれ微妙に違ってて面白くなると思います

サックスの杉本くんとはたくさんの新婚カップルへ音楽を通して祝福のエールを送るという活動を行ってきましたが、

ライブは初共演。

たのしみでつ❤



3月19日(金)

コモンカフェ

20時スタート  

田中裕子quartet


田中裕子(vo)
木下良介(gt)
千北祐輔(ba)
ダンヒル水上洋(dr)


谷町線中崎町駅  四番出口降りて右に曲がって 徒歩三分 吉村ビルの地下一階です☆


http://www.talkin-about.com/cafe/




3月22(月)

十三 タイニーバブルス

20時スタート

duo

田中裕子(vo)
木下良介(gt)

大阪市淀川区十三東2-9-17 デパールビル2階
06-6301-0234

阪急十三駅東口おりて目の前のパチンコ屋のうら。




3月29日(月)

新世界 ひろたか

19時スタート

杉本匡教(ts)
木下良介(gt)
千北祐輔(ba)
ダンヒル水上洋(dr)

大阪市浪速区恵美須東2-2-8 tel 06 6615-9323

http://www.kushiten-hirotaka.net/
[PR]

by kinoyan-r | 2010-03-03 23:09